ロゴ
HOME>オススメ情報>口元のコンプレックスは歯列矯正で解消!【抜歯の有無を確認!】

口元のコンプレックスは歯列矯正で解消!【抜歯の有無を確認!】

治療

矯正歯科治療の種類

歯並びが悪く、一日も早く矯正をしたいと願う人も多いのではないでしょうか。抜歯することなく出来るのが、歯の矯正と言われるものです。その方法で一番多く利用されているのが、金属ブラケットを用いたものです。歯の表側に金属のブラケットと言われる装置をつける方法になります。この方法が多い理由には、安全で安価で終わると言うメリットがあるからです。この金属ブラケットが目立つことで嫌と言う人が利用するものが、審美ブラケットと言われ、ブラケットが透明であったり、白色になっていたりするものになります。金属ブラケットより、目立ちにくいメリットがあり、女性に人気となっています。更には裏側矯正と言う方法があり、歯の裏側にブラケットを付ける方法です。見えることがないので見た目は良いのですが、その分費用も割高になり、違和感も多く医師の技量も問題になると言われます。今、ブラケットを使用せずに行う装置が出て来ています。それがマウスピース型と言われるもので、マウスピースを歯に被せる方法です。自分で取り外しが可能なことから、時間を守らない人もあり、ちょっとの矯正に向いていると考えられます。

歯科矯正

抜歯が必要になるパターンとは

歯並びが悪い、出っ歯、すきっ歯などの理由から、歯の矯正を行う人が多くなっています。人前に出るには、綺麗に並んだ歯が、素敵に見えるものです。歯の矯正をすることは賛成だけれど、抜歯などで歯を抜きたくないと考える人もたくさんいると思われます。せっかく矯正するのだから、今ある歯をすべて使って欲しいと願うのも本音なのでしょう。ですがどうしても抜歯が必要な場合があります。それが、出っ歯の場合です。出っ歯を矯正するには、内側へ歯を入れることになり、幅が足りなくなってしまうのです。そのため不要な歯を抜くことが多くありました。また、アゴの幅に合わせる時も同様に抜歯が必要です。これはアゴの狭い人に歯並びが悪い人が多いと言う特徴から来ています。