ロゴ
HOME>Review>差し歯にする前に知っておきたいことって何?【口コミを調べよう】

差し歯にする前に知っておきたいことって何?【口コミを調べよう】

歯

差し歯には様々な種類があり、強度や素材によって選ぶことができます。丈夫な素材でできた差し歯なら20年くらい持ちますが、自分の手入れ次第で差し歯の寿命も変わってきます。

レビュー

保険適応外の差し歯の種類について知っておこう

何度も削っては詰め、削っては詰めを繰り返していた歯がとうとうダメになり、差し歯にすることになりました。下の奥から2番目という微妙な位置で、銀歯にすると笑ったときにちょっと見えてしまう感じです。ただ、奥から2番目の場合は噛むときに力がかかるため、保険適応では丈夫な銀歯にしかできないといわれました。保険適応外の差し歯ならセラミックのきれいなものがあります。一応聞いてみると結構いろいろな種類があって、オールセラミックはきれいだけど高価で主に前歯に使う、奥歯なら内側に金属を使ったジルコニアやメタルボンドがよいとのことでした。結局値段的にもオールセラミックより安いメタルボンドにしましたが、見た目は自然だし強度も申し分なく、とても満足しています。
[30代|女性]

差し歯の寿命は把握しておこう

忙しさにかまけて虫歯を放置したら相当悪化してしまい、抜歯はなんとか免れたものの、神経を取って差し歯にするしかないといわれました。初めてのことでショックを受けましたが、これ以上悪くするまいと一念発起、奮発して丈夫できれいなジルコニアクラウンを入れてもらいました。治療後、何年も歯医者さんに行っていなかったことをズバリ指摘され、虫歯予防はもちろん差し歯を長持ちさせるためにも定期検診とクリーニングは欠かせないと諭されたのです。差し歯はちゃんと手入れすれば20年くらいは持つのですが、多くの人はそれを怠り10年くらいでダメにしてしまうのだとか。せっかく高い差し歯を入れたのだからなんとしても長持ちさせたくて、それ以来3カ月おきに検診とクリーニングに通っています。
[40代|男性]